太刀魚バジルソース&豚と小松菜のマヨソース

7月22日(日)

今日は一日晴れでした。

段々と太平洋高気圧が日本列島を覆いはじめて

夏本番となってきました。

いつの間にか大暑も過ぎて土用です。

でも土用の鰻が高くなって庶民の口には入りません。

何でもシラスが捕れないのが原因みたいです。

鰻も絶滅危惧種になったのでしょうか。


今日のメニューです

太刀魚のバジルソース

画像


太刀魚の切り身2きれは身に切れ目を入れて塩・胡椒をします
フライパンにオリーブ油を入れてニンニクの香りを移して太刀魚を焼き
すき間で茄子の輪切りも焼きます
皿に盛ってから空いたフライパンに刻んだ生バジルとバジルソースを入れて温めて
太刀魚の上にかけて出来上がりです



豚肉と小松菜のマヨソース

画像


小松菜は3~4cmに切って耐熱皿に敷き詰め
豚切り落とし肉は小麦粉をまぶし上に並べます
マヨネーズ大さじ4、醤油大さじ1、ニンニクのすりおろし小さじ1を混ぜ合わせて
豚肉の上からかけてふあとラップをして5分間チンして出来上がりです



ゴウヤのサラダ

画像


ゴウヤ1本は薄い半月状にして塩もみします
パプリカ、キュウリ、トマトなどの野菜も好みの切り方をして
塩をしてしばらく置きます
両方をザルに移して水気を流して小さく切ったレモンを加えて
器に盛り黒粗挽き胡椒を振ります
好みでドレッシングをかけて頂きます



鰻はフィリピンの近くの海で産卵して成長しながら
中国や日本へやって来るそうです
シラスは年々減って一匹数百円するとかで
それに餌代や養殖費用を加えるととても高価になるのは当然です
色々研究されていますが子を産ませての完全養殖はまだ完成していなく
まだまだ高嶺の花どころか口に入らないことになるかも知れません
アメリカは鰻をワシントン条約の対象にすると主張していますが
日本とは種類が違うのだそうで味は良くないとか
それでも減り方は日本や中国より激しいのだそうです
アメリカもヨーロッパも鰻を食べる食習慣があるからと
夫が申しております




 ←よかったら押してください→にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年07月26日 22:44
毎日暑いよねぇ。
足りなくなってきたんじゃないのかなぁ(笑)

太刀魚のバジルソース美味しそうですね。
でも、こんなに肉厚の太刀魚スーパーでみてないなぁ。

食いしん坊
2012年07月27日 13:37
Keikoさん
ビールの量は年中同じですが、やっぱり夏は、もう一本追加したいです(^^)
やっぱ、止めとこうかな!

こちらのスーパーで売ってたよ~
でもこんなに肉厚なのは珍しいですよ!

いつも気持ち玉、コメントありがとうございますm(__)m

この記事へのトラックバック