ぶりの串焼き&蕪の鶏挽肉詰め

11月11日(火) 

今日も良く晴れました。

このところ変則勤務で早々朝に出社しています。

当然のことながら朝起きるのが辛くて寝ぼけ眼で出掛ける日々。

帰りはもっと眠たくで、信号で止まったら居眠りしそうになります。

早く寝るようにはしているのですが時間帯が違うと

永年の体内時計はそのままなので眠った満足感がなくて困ります。

はやく元に戻りますように



今日のメニューです


ぶりの串焼き


画像


ぶりの切り身2切れは皮と骨を取り串に刺せるようにカットしま(腹の部位分は丸めて刺します)ナンプラー大さじ2と砂糖大さじ1を塗りつけてブラックペッパーをまぶしておきます
竹串にタマネギの串切り、ぶり、エリンギ、ぶり、プチトマトの順に刺して
オリーブ油を引いたフライパンに並べて軽く塩を振って蓋をして中弱火で両面を焼けば出来上がりです






蕪の鶏挽肉詰め


画像


蕪は皮をむいて中を出来るだけ薄くくり抜きます
ボウルに鶏挽肉150gに塩小さじ1/4、醤油小さじ1/4、生姜のすり下ろし1かけ分、
酒小さじ1、片栗粉小さじ2を加えてよく練りくり抜いた蕪をみじん切りにして入れて混ぜます
蕪の内側に片栗粉をまぶしてタネを山盛りに詰めます
鍋に並べて出し汁300ccを沸かして5分間煮て醤油・みりん各小さじ1、塩小さじ1/4で味つけして
蕪が柔らかくなるまで煮て器に盛り、残った出し汁に水溶き片栗粉でとろみを付けて上からかけて出来上がりです






カリフラワーのマヨネーズサラダ


画像


カリフラワーを塩茹でしてマヨネーズを付けて頂きました





京都紅葉見物まで1週間になりました

これで3年連続になりますが、今年はどんな紅葉がみられるのでしょうか

とても楽しみにしています

でもあまりテレビでは中継していないのでまだ早いかもしれませんね

もし早そうなら山の方へ行ってみようかなと思っています

久しぶりに金閣寺も行ってみるつもりですがどうやって行くのか予習しておかないと

毎度の迷子になりそうです





 ←よかったら押してください→にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック