いかなごのくぎ煮の慰労旅行

今朝の地震には驚きました。

震源は淡路島で震度は6弱だったとか。

私のところも震度5でしたが実感ではもっと大きく感じました。

18年前の阪神淡路大震災を思い出した人も多かったと思いますが

大きな被害がなくてよかったです。

それでもガスがとまり電車も走っていません。


今日から『いかなごのくぎ煮の慰労旅行記』を載せます

画像





旅程

4月8日:仕事が終わってから桑名まで走って1泊しお友達と食事をしました

4月9日:朝9時、桑名出発~伊勢湾堂→新東名→御殿場→芦ノ湖スカイライン
→箱根関所→強羅→湯本温泉泊

4月10日:大涌谷→甲府→高遠城址公園→飯田泊

4月11日:飯田市→安富桜→妻籠宿→馬籠宿→恵那峡→ClubHARIE→帰宅

全走行距離は1385kmでした


Digitalbook 

①富士山道中




②箱根関所





明日は大涌谷~高遠桜を紹介します




 ←よかったら押してください→にほんブログ村 料理ブログ おつまみへ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

keiko
2013年04月13日 22:19
地震怖かったでしょ。
何事もなくて良かったです。

慰労会からお帰りなさーい♪
私が見てみたいと思ってる富士山を
迫力ある映像で拝見させてもらえて嬉しいです。
箱根も行きたいと毎年思ってる場所なんですよ

次回も楽しみに待ってますねぇ(*^^*)

食いしん坊
2013年04月14日 15:22
keikoさんへ
ほんと、何事もなかったので安心してください。
ご心配おかけしました
いつも優しい心遣いをありがとうね

慰労会もあっという間に過ぎてしまいました。
行くときはルンルン、帰りはクタクタです
前回は本栖湖、河口湖から撮った富士山ですが
今回の箱根かた撮った富士山の方が最高でした!
富士山はでっかいです
二日間とも天気に恵まれ、綺麗な富士山が拝めました。
富士山を見るんだったら箱根をお勧めします
keikoさんも是非行ってみてください。
温泉でゆっくりできるしね
桜編も見てね~

いつも訪問、コメントありがとね
2013年04月14日 19:45
箱根の関所見応えがありました。
すっかり江戸時代にタイムスリップして
無事通れるかヒヤヒヤしました。
高遠のコヒガン桜も行かれていい旅でしたね
食いしん坊
2013年04月15日 18:18
清兵衛さんへ
箱根の関所は江戸から出る女の人を監視してたみたいです。
私は反対に江戸に入る方だったのでスムーズに通してくれました。
でも夫はガイドさんに捕まって長々と話してました。
鉄砲は持っていなかったはずなのに(笑)
高遠桜は本当に見事でした!!
丁度満開の時に行けてよかったです

ご訪問、コメントありがとうございます
2013年04月16日 09:51
こんにちは

3泊4日で旅行されたのですね♪
お帰りなさい(*^_^*)
凄いですね、ドライブの最中も富士山がくっきり見渡せますね。芦ノ湖の遊覧船とキラキラの湖も綺麗です
関所には審査場所なるものがあるのにもビックリしました。
箱根は憧れていますが、なかなか行けなくて…
楽しませて頂きました、ありがとうございます♪

地震怖かったですね~~(-_-;)
阪神大震災を思い出し、しばらくは恐ろしくて…
避難袋の確認をしましたょ。
食いしん坊
2013年04月16日 18:58
だるまさんへ
ただいま~です^^
3泊といっても、初日は仕事が終わってから出発したので桑名まで走っただけですよ。
車も空いていたので2時間30分ぐらいで到着しました。
もう二人ともいい歳なのでのんびり旅行を楽しんで来ました
富士山は静岡を走ってると見えてきたのでスマホと夫の一眼レフで撮りまくりました。
アップで撮った富士山はスマホのズームで撮ったので画像がいまいちだったかもね^^;
関所は興味がある人には必見の場所です。
だるまさんの興味は幅広くて素敵ですね!
箱根は一度行ってみる価値は十分ありますから是非お勧めいたします

地震にびっくりでしたね!
だるまさんの所の方が凄かったと思いますが、大丈夫でしたか!?
私は阪神大震災の後に引っ越してきたのであの恐ろしさは未経験だけど、今後が恐ろしいです
家には避難袋なかったから早々に用意します。

ご訪問、コメントありがとうございます

この記事へのトラックバック